味探検料理種類から選ぶ―料理や店のジャンルから選ぶ


 

うどん 0305 

エリア

味の種類

 

店名・タイトル

 

住所と場所概略

 

味の種類とコメント

 

リンク⇒サイト外リンク

こちら⇒サイト内リンク

 

(最終探検日)

南足柄市

うどん・おでん

万葉うどん本店

 

関東人好みのうどんにこだわって手打ち15年

神奈川県南足柄市矢倉沢2393。小田急、JR東海道線小田原駅で、伊豆箱根鉄道大雄山線に乗り換え大雄山駅下車。駅前から足柄万葉公園行き、または地蔵堂行きバスで足柄峠方向に向かい、地蔵堂下車。
(電)0465・73・0511。
営業時間午前11時半〜午後7時(日曜、祝日午前11時から)。全30席。定休・第1、3木曜。

箱根の関所ができるまで東海道は足柄峠越えの道だった。古東海道なごりの道散策の起点(終点)にこの店で腹ごしらえするのが楽しい。古道を行き来した人を見守りつづけた一対の道祖神が店前にある。(1999.4.29)

秩父市

262-162

14.3.14

手打そば こいけ

山里の春2週間限定、ヨモギの草切りそば

埼玉県秩父市野坂町2の14の34。

 

左記記事に記載

 

☆店で知り合った地元で「秩父の食文化を見つける会」小沢恒夫さんらが作った会報「花暦」に書かれている味情報の質が高く、了解をいただき転載する。

「花暦」おすすめ秩父の味情報⇒こちら

○手打そば・うどん

 秩父にはそば屋が実に多い。人づての情報を頼りに5、6軒食べ歩いたが、秩父市内140号線沿いのこの店はそばの味はもちろんだが、雰囲気、日本酒や山菜を使った天ぷらなども実に配慮が行き届いていい店だった。ご主人の小池重雄さんのそばうちや酒へのこだわりが、かたぐるしくなく、自然にたずねる客に伝わってくる。うどんとの両党派にはうれしいうどんのおいしい店でもある。

 

栃木県

足利市

 

そば

 

272

170

 

例幣使そば

荒川屋

 

「旧街道の往来しのぶ味、歴史感じる名物そば」

栃木県足利市福居町575。JR両毛線足利駅からタクシー7分、東武伊勢崎線福居駅前県道128号例幣使街道を右折、歩3分。東北道佐野藤岡ICから国道50号を経て128号沿い。全80席。営業午前11時〜午後8時。定休水曜。

電:0284・71・3223

旧街道歩きの途中や古都探訪のさいに気楽に立ち寄れる。天ぷらのせぶっかけそばの「例幣使そば」が名物メニュー。もりや手打うどんもうまい。

 

(02.5.23)

 

栃木県

佐野市

そば
うどん

275

172

野村屋本店


麺文化圏の郷土料理 福呼び込む『耳うどん』

栃木県佐野市相生町2819。JR両毛線・東武佐野線佐野駅下車、駅前市役所方向に直進、県道67号(旧50号)を左折し約300メートル右手。徒歩8分。営業時間午前11時30分〜午後7時40分。28席+奥座敷24席。

定休木曜。電:0283・22・0396

「耳うどん」とは如何なるものか。佐野市より日光へと抜ける葛生町の郷土料理。耳の形のいわば粉食(パスタ)で、悪魔の耳をかたどったと言われている。群馬や栃木の粉食文化の伝統食のなかでも、餅なし正月の独特の文化圏を持つ葛生地区にのこる珍しい食べものだ。(02.6.13)

栃木県

今市市

そば
うどん

279

175

そば亭 こむらさき


一人でこなす全工程、そば食い行脚の末に悟ったおふくろの味

今市市木和田島3039ノ2。JR日光線下野大沢駅下車。駅前通り直進木和田島交差点左折500メートル先左手。歩15分。車で日光宇都宮有料道大沢ICから上記交差点右折左手。営業午前11時30分〜午後3時。30席。定休水曜。電:0288・26・6267

店の裏手の畑がそば畑になっていて、自家栽培のそば粉を自家製粉して蕎麦を食べさせてくれる。地粉をつかったうどんがうどんずきにはたまらなくうまい。
(02.7.11)

       

HOME  味探検TOP 料理種類一覧