味探検料理種類から選ぶ―料理や店のジャンルから選ぶ


食堂(定食・丼もの専門店なども含む) 0315 

エリア

味の種類

 

店名・タイトル

住所と場所概略

syokudou

taisyuusyokudou

teisyokuya

teisyoku

 

味の種類とコメント

 

リンク⇒サイト外リンク

こちら⇒サイト内リンク

 

(最終探検日)

江の島

地魚料理

定食

丸代仙水

魚介の宝庫江の島で豪快『イセエビ定食』

藤沢市江の島1ノ4ノ19。

電話0466-26-4701

営業時間午前11時〜午後7時30分。定休火曜。

記事で紹介した「丸代商店」という鮮魚問屋直営店が丸代仙水。地元の鮮魚問屋として老舗で、磯料理がうまい。この問屋さんが持つ自然の岩礁をいかして作られた生け簀は、江戸時代相模湾の魚介を江戸に送る中継地として江の島が機能していたなごりとして、貴重。今では使用していないらしいが、昔のママ保存しているという。(1998.11.19)
大磯

きじ丼

鶏料理店

杉本

さりげない鶏料理をいまどき貴重なお値段で

神奈川県中郡大磯町大磯1186。JR東海道線大磯駅下車。駅前から右に鴫立庵方向に歩き5分、国道1号鴫立庵手前右側。20席。
(電) 0463・61・0444。
営業時間正午〜午後2時、5時〜7時45分。定休・月曜。
5代目尾上菊五郎が横じまの海水浴ウエアを着込みミエを切っている錦絵がある。大磯が日本初の海水浴場として開発されて100周年を記念して編まれた「磯のかおり」(大磯町編)という本の表紙を飾っている。街道の松並木のなごりも残るウオーキングの際にちょっとよって気軽に食事ができる店である。しもた屋風の風情のある雰囲気もよい。(1999.3.25)
小田原

天丼と刺し身定食

老舗食堂

だるま

大衆割烹がお手ごろ価格

季節の一品料理も豊富

神奈川県小田原市本町2ノ1ノ30。JR東海道線小田原駅東口下車、駅前通り徒歩7分の市民会館前。
(電)0465・22・4128。
本店食堂110席、座敷200人、別館31席。営業時間本店食堂午前11時〜午後7時40分。定休月1回不定期。
「うちは料亭・すしも営業していますが、お客さまに気軽に楽しんでもらえる食堂部門が顔なんですよ」と話す主人のとおり、この店は大正ロマンの香り漂う和洋折衷建築の大食堂での魚定食や天丼の食事が楽しい。ニの宮沖合に大型定置網を経営するあみもとでもあるから魚がおいしいのは言うまでもない。(1999.4.8)
小田原・早川

地魚の家庭料理

海の町の食堂

食堂こじま

ここの煮魚はとにかくうまい

 

記事未掲載

小田原市早川1−13−18。小田原から東海道線各駅停車で1つ目の早川駅下車。通りにでて左側に歩きすぐ右手。

電話0465-22-2487

営業午前11時半〜午後3時、午後5時〜8時半。定休・日曜祭日

「さかなの食堂」として地元でも知られる定食屋さん。旬の鮮度のよい地の魚の煮魚や焼き魚を料理、味もよいがボリュームもある。(1999.X.X)
       

山北町

 

ヤマメ塩焼き

落合館

 

天然の味を追い求めてこだわりの美形ヤマメ

神奈川県足柄上郡山北町上尾田759-23。小田急線新松田駅駅下車。西丹沢行きバスで丹沢湖下車すぐ丹沢湖記念館前。(電)0465・78・3190。
旅館宿泊は7000円から。食堂は昼食のみ。テーブル50席、午前11時〜午後5時。年中無休。

ぼくが書きたかったのは、天然ヤマメに限りなく近い美形ヤマメに一生をかけた石井誠一さんが経営する八丁やまめ養殖センターのことだった。センターでは、ヤマメなどの小売をしていないため、ここで手塩にかけて作られたものを食べられる店を紹介した。ひとつが丹沢湖畔の旅館食堂「落合館」と、次項の「たかみ」だった。(1999.5.27)

八丁ヤマメ養殖センター

松田町

 

山菜・キノコ

たかみ

 

アジサイ咲く山里で今が旬の山菜づくし

神奈川県足柄上郡松田町松田惣領3333小田急線新松田駅駅下車。西丹沢行きバスで根石停留所下車。店名のぼり目印に徒歩5分。
(電)0465・83・2641。
50席、午前11時〜午後5時。土・日・祝日営業。6〜7人まとまれば他の日の予約も可。 

山菜・タケノコ・きのこに、八丁ヤマメの仙人の作るヤマメ料理もある。ご主人が、季節の山里の幸を採取して食べさせてくれる。週末だけ開店する店だが、いまどきこんな店があったのかと新鮮な驚きを抱くだろう。ご主人が作るアケビのツルの籠や木材から彫ったコネ鉢なども買える。事前連絡して車が便利。(1999.6.3)

 

 

 

相模湖町

 

駅前食堂

 

 

 

 

138-67

かどや食堂

 

人情あふれる駅前食堂、そこはふれあいサロン

神奈川県津久井郡相模湖町与瀬本町12。JR中央線相模湖駅下車、駅前食堂。
テーブル25人・座敷12人。
営業時間午前11時〜午後8時。定休・火曜。
TEL:0426-84-2002

山登りや旅行に出かけると、初めて下りる駅では、駅前にいい食堂がないかと必ず探すのが習慣になっている。レストランでも蕎麦屋でもだめ。なんでもありの食堂でなくてはいけない。相模湖駅でおりて、ぐるり見まわすと、ぐっと引きつけられる大正モダニズムを感じさせる木造家屋だが、ごく普通の駅前食堂が目に入ってきた。カンがあたり、この店にはドラマがあった。

客のつながりから、なぜか食堂で、室内楽やギターなどのミニライブが開かれる。やっぱりどこかおかしな駅前食堂だった。(1999.10.7)

 

府中

 

食品市場

 

 

 

 

167-89

大東京総合卸売りセンター

 

良質の中落ちたっぷり、市民市場のマグロ丼

 

府中市矢崎町4ノ1。京王線府中駅かJR南武線府中本町駅下車。府中街道を進んで、中央自動車道の下をくぐりビール工場の隣。
営業時間午前7時〜午後4時。休み=日曜、祝日ほか、水曜(月2回不定期)。
TEL:042-364-8211 

市場と名のつく場所を見つけると規模の大小関係なしに必ず覗いて見る。この卸売りセンターは、隣接する光学機械会社のオーナーが市民に役立つ土地の有効活用にと始めた施設。水産、野菜、生活雑貨などなんでも揃う。この場所は、量販店の画一化されきれいに整頓された空間とは一味もふた味も違って人間臭ささと店舗経営者の人情味が肌に伝わってくる。マグロ専門店「海門」の経営者夫婦がこの仕事につくまでのドラマを立ち話で聞ける、そんな雰囲気が大好きだ。(2000.5.4)

 

 

府中

 

食堂

 

 

 

 

168-90

産坊

 

家庭料理ならまかせて!カレーや定食人気です

府中市府中町1ノ27ノ9。京王線府中駅下車。駅前の国分寺街道を国分寺方向へ、さくら通り右折、2本目の通りを過ぎすぐ右手。徒歩4分。
営業時間午前11時30分〜午後2時。夜は6時〜9時。定休土、日曜、祭日。
TEL:042-364-1234 

「カレーの店 産坊」と緑色に黄色く染め抜かれた暖簾が目印のカウンターだけの小さな食堂。(2000.5.11)

豊島区巣鴨

とろろ料理

231-138

とろろや

とげぬき地蔵にお参りし、トロロ飯で暑気払い

東京都豊島区巣鴨3ノ37ノ6。JR巣鴨駅下車地蔵通り商店街、高岩寺境内のとげぬき地蔵左脇出口を出たすぐ前。営業午前11時半〜午後3時(日曜祝日、4・14・24日は午後4時半)。定休土曜。全36席。  

電話=03-3940-1066。

地蔵通り商店街の有名店カレーうどんのK店の裏にひっそりと営業する店だが、知る人ぞ知るとろろ飯がおいしい店だ。表通りから引っ込んでいるだけ昼時でも穴場の食事スポット。とろろそばも薦める。山芋原料の焼酎がうまい。(2001.8.2)

豊島区巣鴨

 

定食

ときわ食堂

 

地蔵通りに燦然と輝く庶民の味方、これぞ大衆食堂

 

住所・電話未確認。とげぬき地蔵の高岩寺の先左手と、社会福祉会館(待夢)の先右手の2軒ある。

地蔵通りに2軒ある食堂。和洋中、刺し身から焼き魚、揚げ物、どんぶりと何でもありのメニューに圧倒される。むかしから数えきれないくらい利用してきた。

栃木市

 

喫茶

パン
手作り定食

278

174

おりのこ

 

水運で栄えた町で発見、ホッとなごめる喫茶店

栃木市境町17ノ16。JR両毛線・東武線栃木駅北口下車。駅前大通り1つ目の信号先を左折、「みつわ通り」に入り、境橋手前川沿いの道を左折約100メートル先左手。徒歩7分。営業時間午前10時〜午後7時。16席。定休日曜。電:0282・23・5777。

日光・金谷ホテルベーカリー栃木店の看板も持つ。日替わりランチの豪華お弁当が680円で食べられる。店前を巴波川が流れ、旧例幣使道沿いの散歩も楽しい。(02.7.4)

○記事中で紹介した郷土史家・熊倉精一さん手作りの歴史の古道図(無料:0282-22-2022)は、「みつわ横丁歌麿通り」内の同氏経営の土産物店で手に入れることができる。

       
       
       

HOME  味探検TOP▲ 料理種類一覧▲