味探検料理種類から選ぶ―料理や店のジャンルから選ぶ


その他 ジャンル分けに窮したもの

(水、氷など) 0343 

エリア

味の種類

 

店名・タイトル

 

住所と場所概略

 

味の種類とコメント

 

リンク⇒サイト外リンク

こちら⇒サイト内リンク

 

(最終探検日)

日光市

天然氷の製造販売

283

178

吉新氷室
よしあらひむろ

シャキーンと冷たい、夏は天然氷のかき氷

栃木県日光市御幸町1196。東武・JR日光駅下車。駅前国道沿い消防署奥の図書館脇から裏手の志渡渕沢に出て橋を渡り、約100メートル先の鳴虫山登山口を左に見てすぐ先。営業時間、夏季は午前7時ごろ〜午後5時ごろ(不定休)。(電)0288・53・5875。

関東に筆者の知る限り天然氷を生産、氷室に保蔵し夏販売する天然氷販売業者=「氷室」は秩父市に1軒と日光市の吉新氷室の2軒しか残っていない。日光に文化遺産が数多いが、氷室を現在まで守り続けてきた吉新良次さんのこのお仕事そのものが貴重な歴史民俗文化財の価値がある。天然氷でオンザロックをやるなどは最高の贅沢だし、夏のかき氷は天然氷にかぎる。

★日光山内のニ荒山神社神門前の老舗茶屋「おきなや」でこの氷室の氷を削るかき氷が味わえる。
(02.8.8)

★氷室のページ→こちら

 

埼玉県

神泉村

 

神泉水の生産

 

味噌・しょう油・豆腐

野菜直売など

 

271-169

 

 

 

 

味噌しょう油・豆腐・納豆+懐石

 

ヤマキ醸造

 

「水と有機農法が原点、醸造と豆腐食の世界」

 

埼玉県児玉郡神泉村下阿久原955。JR高崎線本庄駅南口、八高線丹荘駅下車。鬼石行きバス(1時間1本。40分)で鬼石から歩15分。関越道本庄児玉ICから30分。御用蔵売店年末年始除き無休。営業午前9時〜後5時。宅配可。(電)0274・52・7010

ヤマキ醸造HP⇒こちら

 

○本庄のオーガニックな人々パート4である。

本庄の土地を、水と空気と人間と言う条件を選び山奥の神泉村に本社工場を移転してまった。同社ヤマキ醸造の木谷社長もまたスジがねいりのオーガニックな人間であった。これまで紹介した4人がみな本庄という土地から発していることの意味を、単に偶然とみたのでは面白くない。

○広くは、本庄市周辺秩父や神泉村群馬県のコンニャクや野菜生産地にまである共通したある要因が存在したことを、後で知ることになる。

○神流川沿いの有機の里づくりを始めた醸造メーカーの選択。月の第1・3週の金・土曜日にのみ本社工場に併設した茶室にてあの川口宗清尼による創作懐石料理が予約制で味わえる。

(2002.5.16)

       
       
       
       

HOME  味探検TOP 料理種類一覧