浜に生きる 番外案内


おしらせ―その1

いすみの風土を楽しむ

いすみ染め百選 

終了しました。

2007年7月28日(土)〜8月5日(日)開催

画像クリックすると拡大します。プリントしてお使いください。

 開催場所:房総わだつみ美術館 いすみ市岬町江場土2761 電話:0470-87-7630 

当社ロングセラー刊行書「海の『守り人』論」の共著者の一人でもある水口憲哉さん(元・東京海洋大学教授・現資源維持研究所)が、夏休み期間中に、おもしろい企画(発案、栽培・採集……)の展示会を開いています。

「いすみの生きものの色を染め、紡ぎ、織り、衣にして四季折々を楽しむ。紅花椿狸蛸庵木等100有余の大地と海の色を染め、いすみの風土に根付く色を身近なものとして用いる。真蛸、伊勢海老、鯨・海豚、巻貝などいすみ根の生きものをめぐる物語に想いをめぐらします。――いすみ在住の製作者による千葉県指定伝統工芸品をはじめ自然を楽しむ方々の手づくりの作品を通して、いすみの風土を感じてください。資源維持研究所 水口憲哉いすみさえ染色工房 いすみ りん」(後援:いすみ市、いすみ市教育委員会、夷隅郡市自然を守る会)

“いすみ染め”の由来

 いすみの自然を媒染剤等を用いず、そのままを染める染色を私たちはいすみ染めと名付けております。
 そのようにして、いろいろ楽しんでおりましたところ、森輝(1977)「夷隅風土記」の冒頭、“「いすみ」の地名”に出会いました。
 そこでは、「古事記」や「日本書紀」に現れた“いすみ”の地名は伊自牟、伊甚という字で表されているが、伊(イ)は単純な発語で、自牟(ジム)あるいは甚(ジミ)を“染む”“染み”に結びつける語源説もある。この説によれば「延喜式」に、上総の特産物として“紅花”の名が挙げられている。この紅花は、「万葉集」にも歌われているように、古くから衣服の染料として、重要視されていた。としている。
 森輝氏は、「ただ現在では、当地はもちろん近県でも、この紅花はほとんど絶滅してしまったが、現に大原町の祭礼では“小浜八幡さまは紅いもんが好きだ、染めてあげましょ花染めに”という唄がうたわれている。と述べている。
 となると、“いすみ染め”は染め染めということになってしまいます。地名として用いたいすみ染めがその語源として紅花染めを意味するということがわかり、びっくりすると同時に楽しくなってしまいました。新生いすみ市を多くの人々に知ってもらうのに、いすみ染めを通して、その風土と歴史に親しむというのもよいのではないでしようか。

資源維持研究所 水口憲哉

 


おしらせ―その2

NHK総合テレビ再放送決定!!

http://satoumi.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_83db.html

9月1日午後3時05分〜1時間。

(なお、岐阜県・三重県・愛知県については9月8日午後5時からの放送です)

内容は以下の前記お知らせ記事をご覧ください。


NHK総合テレビ2007年6月17日17:00〜17:58放送。:放送終了しましたが、好評につき再放送 されるそうです。再放送日未定。

とても面白そうな番組の案内はがきをNHK津の制作ディレクターM氏からいただきましたので、お知らせします。

どんな里海SATOUMIが描かれているのか楽しみですね。

[季刊里海]通信:http://satoumi.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_dc35.html

さと うみ の  し  き

伊勢湾・答志島

 

番組案内のはがきより

 

案内のはがきには、次のテーマが記されていました。

ときに優しく、ときに恐ろしい海。古来から、人々は畏敬の念を抱きながら、海と向き合って暮らしてきました。人の暮らしと分かちがたく結ばれた海、それを私たちは「里海」とよびます。太古の昔から変わらぬ風習や伝統漁業が今なお残る島、伊勢湾入り口にある三重県「答志島」。海の恵みを享受して生きる島の人々の里海の四季をみつめました。

 はがきの写真と一緒に書かれた小さな文字は、こんなことが記されています。

寝屋親には はむかえやん!

海女歴六十年の山下のおばあちゃん 一年に一度、一時間ほどのアワビ漁がはじまる

子どもたちは海が遊び場!

お盆には帰っておいで〜ヨオイオセ〜

磯の香り、波の唄 うなるエンジン音 祭りの太鼓 優しい浜かぜ 連絡船の汽笛

祈りの唄、海鳥、嵐の雨音

海とつながって 島人は生きている

見て覚えるが漁師の教え

海のことは海に聞け〜

オラーヤー セーノ ドッコイショ

……

誰一人として海に感謝を忘れた日はない


お知らせ―その3

漁業でチャンスをつかめ!

キャンペーン

『漁業就業支援フェア2007』『漁業チャレンジ準備講習会』 開催案内!!(7月、8月も開催されています。)


MANAのブログ

ブログ版[季刊里海]通信http://satoumi.cocolog-nifty.com/blog/

ブログ版MANAしんぶんhttp://manabook.cocolog-nifty.com/


HOME    海と漁と魚の話BACK  浜に生きるINDEX

投稿・ご意見はこちらへ

copyright 2002〜2010,manabook-m.nakajima