まなライブラリー氷の文化史日本氷業史・氷室文献雑録


Ice 002 諏訪湖氷業史譚

氷のきらめき(抄)  (1)(2)(3)(4)|(5)|

――――――――――――――――浜 森十 by Moriju Hama

桑野貢三 編

copyrighit 2003-2004,Moriju Hama&Kozo Kuwano 

 

もくじ

(1)本稿掲載の経緯1-張りてきびそき厚氷2-諏訪氷の着手3-下諏訪採氷の草分け小口安蔵

4-安蔵伝聞5-安蔵に続く人々6-諏訪湖天然氷株式会社7-氷の切り出し

(2)|8-小野氷室|9-「氷の今昔」から|10-「諏訪の風土と生活」から|11-廣瀬町小口義美氏のお話|

|12-北四王、小口勝巳氏のお話|13-天竜川通船・諏訪氷の東京廻し|14-岡谷の氷庫思い出話

|15-湊地区の氷庫|

(3)|16-石船渡から上諏訪へ|17-神宮寺氷池|18-茅野の氷庫|19-富士見の採氷|

(4)|20-高木十吉日記|21-採氷作業|22-氷庫貯蔵|23-氷の検査|24-十吉青年活躍す|25-他社の採氷視察||26-貨車へ積込出荷|27-会社閉鎖に至る|28-十吉周辺日記録|

(5)島木赤彦と諏訪氷(準備中)|29-「氷むろ」創刊|30-氷室と茂吉「悲報来」|31-赤彦晩年の氷湖の歌||32-おわりに|編者よりひとこと|

 

(1)   〔掲載:「冷凍」69巻795号、1994年1月号。日本冷凍協会発行〕

 

 

◎本稿の掲載の経緯


 本誌に「算額のはなし(平成2年5〜10月)」を掲載して頂いた野村恵智雄氏に、私が旅をした時に撮影した算額の写真をお送りしたのがきっかけになり、私の「氷室」に関する著作をお送したところ同氏も氷室に関心があり、「氷室一資料(平成3年7〜10月掲載)」を掲載して頂いた。この間に同氏より本稿のコピーを頂いた。拝見してみると「諏訪湖の天然氷」の歴史等に就いて書かれており、私の知る限りでは本誌に同種の記事は見いだせなかった。そこで筆者・浜森十氏に本誌向けの執筆をお願いした。
 ところが同氏は最近お目を悪くされ、執筆不能とお断りされてきた。しかし、それでは折角の記録が埋もれてしまうので、私が本稿の「諏訪の天然氷」の部分を抄録したいと著者にお願いしたところ、二つ返事でお許しを頂けたので、お手伝いさせて頂くこととした。
 著者・浜森十氏は大正10年2月のお生まれで、高校の英語教師をされていたが、約10年前にリタイヤされた。そして以前より関心を持たれていた“郷土史”の発掘に当たられ、健康のためにあちらこちらを歩いてまとめられた「漫歩史学」としての「氷のきらめき―諏訪氷・函館氷・氷むろの氷―」を、郷土誌「オール諏訪」(VOL10 No72(平成2年9月)〜VOL11 No83(平成3年8月)(社)諏訪郷土文化研究会発行に掲載された。同氏はこの外「砥石・柿・ゴム長靴の郷土文化史」等を研究されている。

図1 新装なった諏訪湖博物館

 幸い、平成5年9月22日に日設連中央部会長野大会が上諏訪で行われたので、その際、前記資料が展示されている「諏訪湖博物館・赤彦記念館」(図1参照)などを見学してきた。同館は下諏訪町町制施行100周年の記念事業として5年6月に新規開館されたばかりなので展示も新しく、建物も諏訪湖でかつて使われた丸木船を模したユニークな形状であり、大変参考になった。

 以下抄録として掲載する。


(編集委員 桑野貢三)


1.張りてきびそき厚氷


   茅野を下れば諏訪の湖(うみ) 温泉多く風涼し

   冬はスケート一面に 張りてきびしき厚氷


   ―――――――――新鉄道唱歌第5集・鉄道省編

 この歌は昭和4年、東京日日、大阪毎日両新聞社の協力で募集して選ばれた歌の中央線のところです。昭和4年といえば、私は小学校3年生、まだ汽車が珍しかった頃で、松本へ修学旅行に行き、陽のあたるお城の庭で記念写真をとりました。この時出来たての鉄道唱歌を私たちは教わったのです。唱歌の時間だけは別の先生で郷土史家、平野村誌の編集で有名な小口珍彦(うすひこ)先生でしたから、ちょっペい先生(これは小口先生のあだ名)が教えてくれたのでしょう。今も時々口ずさむ歌です。
 この歌詞にあるように、諏訪といえば誰でも冬の諏訪湖の厚氷をまず思いうかべたものですが、あの頃のような張りてきびしき厚氷の時代はもう戻って来ません。


   この水上(みなかみ)にありと聞く 諏訪の湖氷の冬げしき

   雪と氷の懸橋(かけはし)を わたるは神か里人か
   ――――――――――――――――――鉄道唱歌第1集・大和田建樹作詞

 これはずっと遡って明治33年発表の最初の鉄道唱歌、東海道篇の一節です。例の「汽笛一声新橋を」から始まって25番掛川、天竜川に続いての26番です、この歌詞の中にも天竜川上流、諏訪湖冬景色の氷のことが出てきます。

2.諏訪氷の着手

 

 毎年厚く張る諏訪湖の天然氷を湖畔のだれかが自分の家の近くの穴の中などに貯えました。
 食べ物を冷蔵し病人の熱を下げ、また飲食用に氷が役立ちました。夏に氷を近所へわけてやれば重宝がられ、まねをする人も次第にふえたことでしょう。このように生活の知慧で昔から氷の利用があったと思います。
 更に進んである程度の企業として諏訪湖で採取を始めたのは明治10年頃だと諏訪市史などに書かれていますが、次の2つのことは諏訪湖氷業史の最初のページにおいてもよいでしょう。

@ 文久3年横浜の中川嘉兵衛が諏訪湖の氷を天竜川通船で京浜へ送り出そうと企てたが舟便を得ず成りたたなかった。(彼は富士山麓から始まり諏訪湖、栃木、岩手、青森と試み、遂に明治2年函館五陵郭外濠で成功した。これは函館氷と呼ばれて京浜、神戸等各地へ販路をひろげた。)
A 明治11年岡谷の尾澤辰之助らが天竜川通船による氷の出荷を企て、東京日本橋蠣殻町の業者と約定した。この約定に基いてその後どの程度の取引が行われたかはわからないが、辰之助の子、菊次郎の談話があり(平野村誌)天竜通船によって氷の東京輸送が実際に行われたことを菊次郎は父より聞いたと伝えている。(菊次郎は昭和9年歿80歳)

 さて、私の小さい頃、近所や諏訪湖のまわりのあちこちに氷倉がありました。なつかしい頃の話です。諏訪湖の氷を切り出した頃のことに関心を持ち、この3年ほど折々先輩の方々から聞いたり、また読んだりしてきたことを書いてみようと思います。まず資料の多い下諏訪あたりから岡谷、湊、小坂と、氷のとけないうちに湖畔をひとめぐり紹介してゆきます。滑ったり重なったり喰いちがったりしますが、氷の上のこと故お許しを願います。

 

3.下諏訪採氷の草分け小口安蔵


 「下諏訪の史話」という本に明治初期諏訪湖で採氷を始めた小口濔雨(しょうう)という人のことが書いてありました。著者は宮坂喜十(慶応元年生)、下諏訪南小学校の庭に胸像が立っている有名な先生です。


 「由来下社のお船祭には八ヶ岳の雪魂を担(にな)って来て市中を行商した者があったが他にはその例を見なかった。明治の初期には下諏訪の小口濔雨という人が湖氷の貯蔵に力を尽し、四王部落に氷庫を創設したのを始めとして、それより諸方に同業者を見るようになった。歌人赤彦が氷室に興趣を注がれていたのに徴してもこの間の事情がしのばれる。」


 ここに書かれている濔雨(しょうう)は小口安蔵という人の雅号だと、あとになって判断することができました。
 小口安蔵について下諏訪町誌に、

 

 明治18年甲州街道(旧道)に併行して湖畔に新道が出来て、諏訪湖で採取した氷の運搬が便利になり採氷の業者があらわれて、友之町の小口安蔵が上馬場に氷庫を建て採氷販売をはじめたのが下諏訪町では最初であろう。

と書かれています。
 小口安蔵はなかなか面白い人物で諏訪地方新聞草創期、諏訪新聞を明治16年5月、氷業の開拓者でもある小口安蔵が譲り受ける。(持主兼印刷人)
 ところが同年12月5日社説「米納の議を賛す」で租税金納は不合理だから米納にせよと論じたことが問題となり、それをきっかけに弾圧をうけ、主筆熊谷確資は姿をくらまし小口安蔵は罪をかぶった。
 この時期は自由民権運動の最も盛んな時で、各地に事件が起こり政府は集会条令や新聞紙条例改正などにより全国的に取締を強化していました。小口安蔵は主筆を逃がしてやりそのあとを自らかぶったのかもしれません。
 新聞も氷の仕事も共に開明進取の人物小口安蔵にふさわしく、雅号を持っていることもうなづけます。大正5年70才位で亡くなったと聞くから彼にとって明治初年は働き盛りにあたります。安蔵は下諏訪四王自宅で養豚業もやり(町誌)、前記の宮坂喜十著書に濔雨が四王に氷庫創設をしたとあることと場所の上でも一致します。

4.安蔵伝聞

 さて以下、小口金七氏(安蔵の孫)や、高木喜一郎氏、小野宗一郎氏(大正の始め下諏訪駅近くの小野氷室の経営者通雄氏の息83才)などからお聞きした話など付け加えます。

○安藤が上馬場に建てた氷庫は現在下諏訪中学校の下、小口千万男、小林満喜義両氏宅のあたりで、もとは宮坂正勝氏所有の一面の畑地、安蔵の家は当時友之町四ッ角永田薬局、阿部化粧品店のあたりにあった。四王の家から移ったのか、四王の家とは別にあったのかはわからない。「うずら屋」というカザリ屋(小間物屋)だった。
○北海道の旅をしていた時オガクズを使って氷を貯蔵するのを実地に見て(当時の五陵郭函館氷のことかと思われる。)これを諏訪湖の氷に応用した。夏になると氷水(氷あずきや氷を浮かせた白玉)を店頭で売った。なかなかのアイディアマンで水中花など工夫して作った。髭をはやした面白い人物で、いろいろな商売をこころみ晩年には骨董屋もやった。
○四王の氷庫があったというのは五軒長屋の空家に製材のひきぬか(オガクズ)を入れてあるように見えた。(これは小野宗一郎氏が父から聞いたこと)

5.安蔵に続く人々

 下諏訪町誌にはまた小口安蔵の氷庫のことに続いて次の記録があります。

○明治25年4自発行の日本全国商工人名鑑に
 諏訪天然氷貯蔵販売 小口安蔵
 天氷社       牛山菅次郎
○明治25年10月下諏訪役場調 下諏訪村取扱物資調
 氷貯蔵者      牛山菅次郎
           小林源次郎
           大和利喜蔵
 出来高5万貫、1貫目4銭より10銭
 甲府まで100貫目着3円也
○明治34年8月富部、宮坂喜代治、湖水拂下願を知事宛提出、2、3年後に採氷権を富田屋太田嘉十に譲る。
 払下区域350町歩 採取数量7500枚
 採氷権15年間 払下料金15円
 この中に登場する人々について付け加えると、


牛山菅次郎
 安政6年生、大正13年歿、65才。
 東山田、西山田、下諏訪、東堀、長地の各校に大正七年までの長年、教職についた。養父紋次郎は養蚕や苗木の商いをした。長地学校誌の職歴によると菅次郎は明治25年頃一時教職を離れたらしい。この頃養父とともに氷の仕事に従事したとも考えられる。髭をはやして厳格な人だったという。

小林源次郎
 安政5年生、昭和12年歿82才。
 孫にあたる千秀氏より伺うと、米屋、鯉の養殖、蚕種製造、氷屋等の商売を営み、氷庫は秋宮の裏、現在森杉氏宅のあたり。自宅裏にも小さい氷庫があった。秋宮リンクや諏訪湖から切り出して貯蔵をした。自家の蚕種の冷蔵庫用のほか、広く氷の一般販売もやった。
 氷の検査のため明治38年鉄道開通以前は和田峠を越えて長野まで出向いて検査を受けたことがあったと聞いている。
 源次郎の経営は単独事業だった。戦後間もなく殆どの天然氷業者は幕を閉じ、富士見の植松氷店が最後まで続けた。

大和利喜蔵
 大和仁平元町長(明治13年生)の父で50才位で亡くなった。大和家を興し、仁平氏よりも更に頭の良い人だったという。向いの家、大和辰之助氏と気が合い二人で組んで氷の仕事をした由。

宮坂喜代次
 明治4年生。郡議、町議、富ケ丘住宅創設などに尽し地元の有力者で、富田屋の太田嘉十氏の依頼で当初、採氷権取得の名儀人となり、後にその権利を太田氏に譲渡したのが実情らしい。

富田屋 太田嘉十
 街道の煮売屋で氷屋を兼ねた。近所の今井久雄氏などからのお話を記す。
○富田屋は店内で昼食をとることができる弁当屋で利用者が多く爐が切ってあり、そこへ踏ん込む。おかずを買って弁当をつかい一時くつろぐ小休所のような店だった。
○現嘉十氏の祖父初代嘉十は明治時代に氷屋を始め昭和10年頃まで続いた。昭和10年2月河川産出物採取願が町長添書付で県知事大村清市宛出されているのを最後にやめたらしい。
 今井氏も、その頃になると近所の富田屋ではなく春宮大門のトリマンへ氷を買いに行ったとのこと。
○富部の自宅の氷庫とは別に菅野町の現北原洋服店のすぐ横にも富田屋の40坪位の氷庫があった。この氷庫は蚕種貯蔵にも使われた。
 この付近は嘗ての上馬場の小口安蔵、線路脇の諏訪湖天然氷会社(後に小野通雄経営の小野氷室)、線路をちょっと越えれば四王時代の小口安蔵、これらの氷庫があった場所で下諏訪氷業の中心地だったということが出来る。
○暖冬で諏訪湖の氷がうすく採れない年に、富田屋は東堀の蚕種業小口長重氏から頼まれて塩嶺峠麓の中堤で採氷をしたことがあった由。

6.諏訪湖天然氷株式会社

 諏訪湖採氷の最盛期に会社組織の経営が発足しました。明治39年12月創立。下諏訪駅東側線路沿い、所有者小口金三郎。資本金10万円(20万円とも)。
 明治40年採氷人夫1日400人、15日間で3500頓を採取、賃金3、000余円。
 明治41年生産数量9800噸、当初、大氷庫3棟建設、翌明治41年5月の絵図では5棟になっている。この氷庫で働いた吉澤忠重氏によれば、後に大正末から昭和始頃は2棟になったとのこと。主として東京、小田原、銚子、沼津、名古屋、甲府等へ出荷及び地廻り。価格1貫目最高35銭最低4銭平均15銭。
 明治41年2月日本橋衛生調査所へ依頼検査、飲食用として適品と認められた。供試品は大和下沖。蚕種冷蔵庫設置、大正5年まで相当数量の預入れあり。と記録されている。(小林茂樹「諏訪の風土と生活」)
 社長小口金三郎は岡谷の製糸工場経営者。合資岡谷製糸会社社長、明治30年5月起業、大正時代諏訪地方最大規模の大工場で埼玉、茨城、千葉、岩手、新潟、名古屋、にも工場を持ち大正8年当時1,129釜、男女工1,873人。昭和3年整理、昭和6年丸興製糸へ合併。
 下諏訪町長高木十吉氏は青年時代この会社に勤めました。その頃のメモ、日記(明治41年の一部、43年、44年)が孫の高木喜一郎氏によって保存されていました。若き日の十吉氏がこの会社で採氷貯蔵出荷の日々の仕事に打込んだ有様が活写されています。この貴重な記録を見せていただけたので、項を改めてぜひ紹介したいと思います。その中で、この会社の活動状況も知ることができます。尚、明治41年12月下諏訪に鵞湖採氷株式会社。資本金5万円、下諏訪町有志の企画により創立されたがすぐに翌42年諏訪湖天然氷株式会社と合同したことが町誌等に書かれています。

7.氷の切り出し

 諏訪湖の氷を切り出した頃の話を聞き歩きました。みんな若い日の話をなつかしく話してくれました。そんなことを知っている方の多くは高令、80才を越えていました。お元気で畑作をしている方、書きものをしている方、そして退院したばかりの方、耳やことばが不自由になり筆談によった方もありました。ね床の横でも聞きました。

図2 採氷風景(↑)

図3 ガンバ(大鋏)↑

下諏訪博物館 諏訪湖展

図4 採氷鋸 ↑

下諏訪博物館 諏訪湖展

図5 筋付鋸 ↑ 諏訪湖展

「村の歳時記」から


 今井久雄氏のこの本(草原社刊)には氷切りの仕事の見聞が詳しく興味深く書かれています。
 その一部を、まず引用させていただきます。


 「氷を切る場所は、あらかじめその筋へ届け許可を得ておくのだが、岸の近くは、子供たちのスケートや、漁師のやつか漁、ゑび押しで、汚れたり、邪魔になるので、沖へ沖へと出て、時には200米も遠くへ出た。現場は、その時々の都合で、広狭さまざまだが、大凡(おおよそ)20米に50米の広さを幾箇所も選び、積もった雪をかき除き、更に箒(ほうき)できれいに掃き、経、1尺6寸、韋2尺1寸の長方形のこまに筋を引いておく。そして翌朝は、夜中の3時から作業にかかった。折から小寒大寒のさ中、家を出るには、厚い綿入伴天を着、股引きは重ねてはき、フランネルの襟巻などで顔や頭をしっかり包み、刺し子の厚い手袋をはめたが、氷上に出て、小さなカンテラの灯を頼りに、昨日つけた筋にそって、身の丈ほどの大鋸で切り込むと、もうすっかり汗ばんでくる。定規の経、1尺6寸に近づくと、大鋸は次の列へ移り、手鋸方が横筋に正しく垂直になるよう切る。このように一列を全部切り終ると、筋付け用の幅広の大鋸で横筋におおよそ一寸ほどの切り込みを入れ、その氷片の先を、掛矢で軽くたたくと氷は至極簡単に割れて離れていった。
 この時、もしも手鋸が横筋に垂直に入っていなければ、変形に欠け、規格に合わず、捨てられて折角の苦労も無駄になってしまう。
 然しどれほどていねいに切っても、最後はたたいて欠くもの故正確にはとれかねることも多い。不正確では氷庫に積み上げてその間に隙間ができ空気にふれて、保存上とける率が多いとし、年によっては、横筋にも一枚一枚鋸を入れて切り取るようにとの注文がでた。こんな時には、乗って切っている氷が、ポックリ欠け折れて、思わず湖中へ落ちこむことがままあった。傍に居る仲間が、すぐ引き揚げてはくれても、着物はすっかり水びたし、折からの寒さの中、忽ちよろい鎧のようにガラガラに固く凍って、身動きもできず、笑うに笑えぬつらさもあった。
 切り落とされて氷に浮いている氷片は、鈎(かぎ)のついた長い竹竿で引きよせ、カンパと呼ぶ大きな鋏(はさみ)で氷上に引き揚げて、待機の橇(そり)にのせ、岸まで曳いてきた。そこには氷庫店の管理人がいて、その厚さ、形状、数量など厳しく検査し、合格品のみが陸揚げされた。
 これまでの作業は、いずれも分担で行うのだが、しみている夜半は、たとえ大鋸の挽き屑の氷を浴びても、はじき返って体につかぬが、夜が明けると気温もゆるみ、その屑が着物についてとけ、股引も足袋もビッショリと濡れた。今のように、ゴム長や、ビニールズボンがあったなら…。それで時には凍傷に悩む人もでてきたが、その足指をもみながらなお頑張って、遂々弱音もあげず、仲間におくれまいと励むさまは、何ともいじらしいものだった由。」


 今井久雄氏や、氷屋の富田屋を継いだ太田嘉十氏のお話などをつけ加えます。

○日露戦争帰りの人たちが採氷作業にあたったので、木口小平の「死んでもラッパを口から離さなかった」という話のように、「湖水へ落ちたってカンテラと鋸は離さなんだ」などといばった。

○切る道具類(大鋸、手鋸、筋つけ鋸など)は氷庫店から貸し出された。請負作業なので仲間の結束は固く、村内の仲間に恥ずかしくないよう仕事に励んだ。激しい寒中の夜の仕事で帰ってくると炬燵にあたり卵酒で冷えた体を温めながら朝食をとって寝た。

○氷庫は二重の板囲いで、その間に製板のオガクズをつめ、積み重ねた氷にも厚くかける。オガクズは当時まだ燃料として使われず捨てられていたので氷庫は廃物利用の上得意だった。

○氷水を入れるコップは厚目のガラスでできており氷の融けるのをすこしでも遅くしようとした。

○氷水を掻(か)く鉋(かんな)は大ぶりで片側には氷が落ちないように支えの竹のふちがつき、氷魂を沿わせて前後に動かす。カンナの下はコップで受ける高い脚が付いている。

○岡持(おかもち)へ氷水のコップを10個位入れて運ぶのをよく見かけた。養蚕を手広くやっている家では家人だけでは間に合わず人を頼むので暑い日には氷水をとって振舞う。子供の頃それを見てうらやましかった。

○村の有志共同で高浜湖畔の林嘉平氏の所に氷庫を経営した。大正の終りか昭和の始めに火災で焼けた。のちに改造して旅館とした。氷庫にはよく火事があったものだ。今井氏が子供の頃小野氷庫の火事の時、雪をまるめて火事場へ投げ込んだ記憶がある。

○縦横のわからない程厚い氷がとれた時もあるが暖冬でとれず秋宮リンクや御射山(みさやま)の池から取ったり、富士見の氷池から運んだこともある。

○下駄の裏にカッチキ(製鉄スパイク)を打ちつけて固定した。藁靴(雪靴)にもカッチキを取りつけた。背中に藁の俵を置き氷をその上にのせて縄をかけ湖畔の田圃まで運んだ。

○高浜には学校のスケートリンクを作るので、学校と連絡をとり、リンクを避けて採氷場をきめた。

○向いの石船渡(いしふなと)には良質の氷が遅くまでとれるので遠征して取りに行ったこともあった。

○氷を運ぶ車場(馬うんそうや山車など)の往来で街道の路面がいたむ。砂利を敷いたりして、修理をする仕事が大変だった。

TOP

氷の文化史もくじBACK |→(2)

本ページへのご意見はこちらへ


ーーーーーcopyrighit 2003,Moriju Hama&Kozo Kuwanoーーーーー 

本ページのリンクはフリーですが、本文内容の引用及び

図表の使用は著者の了解を得ずして禁止します。    


 

HOME 海TOP 味TOP

 

copyright 2002-2003,manabook-m.nakajima