真名真魚字典

N 

 

 

TOP凡例もくじ||HOMEその他13画←|→その他17角

和名・一次名称・俗称別引用文献・参考文献引用文中の古書名注編者凡例

 

(3)その他の部 Sorry Under Construction

14〜16画

14画|〔韶〕〔膃〕〔 嘉〕|〔〕|||

15画|〔麪〕|

16画|〔龍〕

under construction

 

14画

韶陽魚 しょうようぎょ(1401)  [魚+覃](12画)に比較検討を記す。

  邵陽魚 しょうようぎょ(その他8画)|少陽・少陽魚 しょうようぎょ(その他4画)

【證類本草】(政和本草:WDB)巻第二十巻蟲魚部上品総五十種「二十三種陳蔵器餘」:[共]魚{音拱鯤子}、鰍魚{鰌同音}、鼠尾魚、地青魚、鯆[比]魚{鯆[比]普胡反音[田+比]}、邵陽魚、尾刺人者有大毒。三刺中之者死、二刺者困、一刺者可以救。候人溺處釘之、令人陰腫痛拔去、即愈海人被刺毒[者/火]魚扈竹、及海獺皮觧之、已上魚並生南海、惣有肉翅、尾長二尺、刺在尾中、逢物以尾撥之、食其肉而去其刺、其鯆[比]魚已在。本經、[且]魚注中。

○邦名 (1) コメダカ(「水産俗字集」「水産名彙」)(2)ウキス・バンダイ・エイ・エギレ・ナベブタウオ(「水産名彙」)(3)エイ。(4)ゴマメ。

【本草和名(寛政刊・古典全集本)】

○【本草和名(寛政刊・古典全集本)】韶陽魚 一名[納]{奴答反}、一名[番]{[番]是[昆]之名、朝出求食、夕還入母腹中者曰[番]、音閉晏反。}、[甫]魚{夫禹反、出崔禹.}、和名古女。

○【和名類聚鈔】(那波道圓本) 韶陽魚 崔禹錫食經云韶陽魚{和名古米} 味甘小冷貌似無甲口在腹下者也。  

○【箋注倭名類聚抄】巻八龍魚部 韶陽魚 崔禹食經云、韶陽魚、{古米、}{○下総本古下有万字、與伊呂波字類抄合、類聚名義抄古女古万女二名竝載、然此古米之名、依本草和名所一レ訓、則、有万字是、下総本有和名二字本草和名引崔禹云、韶陽魚一名[納]、不形状、按説文、[納]、魚似鼈、無甲有尾、無足、口在腹下、食經所説蓋依之、按古米即衣比也、輔仁挙本草鱓魚甲云、和名古米一名衣比、又挙崔氏食經韶陽魚云和名古女、蓋輔仁不能審定二魚、竝訓古女、以存疑也、而古古米或呼衣比、故鱓魚甲條云和名古女一名衣比、衣比之名以既挙於鱓魚甲條、故韶陽魚條單訓古女、不複出一名、猶輔仁不能審定菴蘆子茵陳蒿馬[草(早→先)]蒿、為比岐與毛岐、於菴蘆子條云、和名比岐與毛岐一名波々古、於茵陳蒿條下單云比岐與毛岐、不載波々古之名、於馬[草(早→先)]蒿條云和名波々古久佐、不載比岐與毛岐之名也、}

  味甘小冷、貌似而無甲、口在腹下者也、{○下総本韶皆作昭、伊勢廣本標目作韶、正文作昭、按本草和名引作韶、則作昭非是、」按證類本草載陳臓器餘云、海鷂魚、似鷂有肉翅、能飛上石頭、一名石蠣、一名邵陽魚、生東海、又云、邵陽魚、尾刺人者、有大毒、三刺、中之者死、二刺者困、一刺者可以整、候人溺處釘之、令人陰螫腫痛、抜去即癒、総有肉翅、尾長二尺、刺在尾中、逢物以尾撥之食其肉而去其刺、是充衣比為允、}

○【箋注倭名類聚抄】巻八龜貝類 鼈  本草云、 鼈、{唐韵云、并列反、魚鼈字或作*1、加波加女、}{○千金翼方證類本草中品載之、説文、鼈、甲蟲也、所引唐韻與廣韻同、下総本有和名二字、訓加波可女、依輔仁、新撰字鏡同訓、今俗呼壽都保無。……カワカメと訓み、俗にスツホン(スッポン)。

○【類聚名義抄(観智院本)】僧下:百十三魚:韶陽魚{コマ或は夲コメ。コマメ。}/ [覃’] [覃]{俗正、音尋、一音[遥(シンニョウ→サンズイ)]、エヒ。}……「エヒ」の「ヒ」には。清音を表す「」が付く。

○参考(1)(エイ系):[魚+覃](12画):鼈(黽→魚):(12画) :[魚+共](6画)。[甫](7画)。[魚+納](10画) 。[番](12画)。 /参考:[單](12画)。[亶](13画)

○参考(2)(トビウオ系):[謠(言→魚)](10画)。

○参考(3)(メダカ系):

 

膃肭獣 膃肭臍 骨肭獣 おっとせい(1402)

○邦名 (1) オットセイ(「水産俗字集」「水産名彙」)(2)膃肭臍(オットセイ)はその睾丸のこと。

○【山海経】第三「北山経」:鮨(けい:しび):(平凡社ライブラリー。高馬三良訳)さらに北へ二百里。北嶽がくの山(恒山。恒はは漢の文帝のいみな)といい、枳(からたち)・棘きょく(いばら)・剛木(なら)が多い。獣がいる。―中略―諸懐の水ながれて西流し、[ゴウ]水に注ぐ。水中に鮨けい(しび)魚が多い――魚の身に犬の首、その声は嬰児のよう――これを食うと狂いをいやす。(55ページ)……[ゴウ]水=[口/口+頁+口/口]水

○【山海経】第三「北山経」:鮨(けい:しび):又北二百里、曰北嶽之山《略》、多枳棘剛木《略》。有獸焉、其状如牛、而四角、人目、耳、其名曰諸懷《略》、其音如鳴鴈、是食人。諸懷之水出焉《略》、而西流注于[ゴウ]水、其中多鮨魚《音詣。 懿行案。説文云、鮨、鮪魚名。》、魚身而犬首《略》、其音如嬰兒《【郭注】:今海中有虎鹿魚、及、 海、體皆如魚而頭似虎、鹿、豬、此其類也。》《懿行案、劉逵注、呉都賦云、虎魚、頭身似虎、或云變而成虎。鹿頭魚、有角似鹿。李善注、江賦引臨海異物志曰、鹿魚、長二尺餘、有角、腹下有脚、如人足。又引臨海水土記曰。 海、豕頭、身長九尺。然則推尋郭義、此経鮨魚葢魚身魚尾而狗頭極似、今海狗登州海中有之、其状非狗、非魚。本草家謂之、是也。》。食之已狂《懿行案、日華本草云、膃肭獣療驚狂癇疾、與此経合。膃肭獣、海狗也。》。

【重修政和経史証類備用本草】第18獣部下品総二十一種(WKDBニ0100812:10冊のうち7冊):膃肭臍

【重修政和経史証類備用本草】第18獣部下品総二十一種(WKDBニ0100812:10冊のうち7冊):膃肭臍:
膃肭臍、味鹹、無毒。主鬼氣尸[症(正→主)]、夢與鬼交、鬼魅、狐魅、心腹痛、中悪邪氣、宿血結塊、痃癖羸瘦等。骨訥獸、似狐而大、長尾。生西戎。{今附臣禹錫等謹按藥性論云膃肭臍、君、大熱。此是新羅國海内、狗外腎也。連而取之。主治男子宿……今労氣羸瘦、腎精衰損、多也。成腎勞、瘦悴。日華子云膃肭獸、熱。補中益氣、腎暖腰膝、助陽氣、破癥結、療驚狂癇疾及心腹疼、破宿血。}
圖經曰{膃肭臍、出西戎。今東海傍亦有之、云是新羅國海狗腎。舊説是骨訥獸、似狐而大、長尾、其皮上自有肉、黄毛、三莖共一穴。今滄州所圖、乃是魚類而豕首兩足。其臍紅紫色、上有紫斑點、全不相類、醫家亦兼用此、云欲驗其真、取置睡犬傍、其犬忽驚跳若狂者為佳。兼耐收蓄、置密器中、常濕潤如新。採無時。異魚圖云、試膃肭臍者、於臘月衝風處、置盂水浸之、不凍者為真也。}
【陳藏器云{如爛骨、從西蕃來骨肭獸、似狐而大、長尾。臍似麝香、黄赤色。生突厥國、胡人呼為阿慈肋(?)、他称。}
海藥{謹按、臨海志云、出東海水中。状若鹿形、頭似狗、長尾。毎遇日出、即浮在水面、昆侖家以弓矢而採之、取其外腎、陰乾百日、其味甘、香美、大温、無毒。主五労七傷、陰痿少力、腎氣衰弱、虚損背膊勞悶、面K精冷、最良。凡入諸藥、先於銀器中酒煎、後方合和諸藥。不然、以好酒浸炙入藥用亦得。}
雷公云{凡此使、先須細認、其偽者多。其海中有獸號曰水鳥龍、海人採得殺之、取腎將入諸處,在藥中修合、恐有誤、 其物自殊。有一對、其有兩重薄皮裹丸氣肉核、皮上自有肉黄毛、三莖共一穴。年年蔭濕、常如新。兼將於睡著犬、躡足置於犬頭、其犬驀驚如狂、即是真也。若用、須酒浸一日、後以紙裹、微微火上炙令香、細剉單擣用也。}
衍義曰{膃肭臍、今出登萊州。藥性論、以謂是海内狗外腎。日華子又謂之獸。今觀其状、非狗非獸、亦非魚也。但前即似獸、尾即魚、其身有短密淡青白毛、腹脇下全白、仍相聞於淡青白、毛上有深青K點、久則色複淡、皮厚且韌、如牛皮、邊將多取以飾鞍韉。其臍治臍腹積冷、精衰、脾腎勞極有功、不待別試也。似狐長尾之説、蓋今人多不識。}

○参考(1):鮨(6画)

 

嘉魚 かぎょ(1403)

○邦名 (1)イワナ→岩魚(その他8画)に字義、例文を記す。

 

15画

麪條魚 めんじょうぎょ(1501)

○参考(1)ヒオ・イサザ系:鮊=[魚+小](3画)。[魚+少](4画)。[魚+白](5画)。[魚+白+犬](9画)。[魚+是](9画) 。[縄(糸→魚)](9画)。[魚+喬](10画)。[魚+黽](13画)。

○参考(2)シラウオ・シロウオ系:[魚+白](5画)。[魚+白+犬](9画)。[魚+喬](10画)。 |麪條魚(その他15画)

 

16画

 りゅう(1601)

〔龍〕 JIS第一水準文字code4622/Ucode9F8D 〔竜〕JIS第一水準文字code4621/Ucode7ADC

T1601

――

JIS

(48818) (一)リ_ヨ_ウ・リ_ユ。 〔集韻〕力鐘切。〖冬〗平聲。(二)バ_ウ・マ_ウ。〔集韻〕莫江切。〖江〗平聲。 (三)リ_ヨ_ウ・リ_ユ。〔集韻〕魯勇切。〖腫〗上聲。(一)(1) たつ。りゅう。四霊の一。想像上の獣。鱗を被り、角を戴き、鋭爪を具へ、幽明変化測られずといふ。(2)君。王者の喩。王者に関する物事に冠する称呼。(3) あきらか。(4)おほきい。(5) 高さ八尺以上の馬。(6)豪傑。(7)山脈のさま。(8)めぐみ。たまもの。…以下略。(二)まだら。…以下略。(三)こだかいうね。

◎ピンイン:lóng

T1001

――

JIS

常用

(25751)

常用漢字(10画)。

T1601-02:[]

(5780):チ。螭に同じ。

【説文解字】(徐鉉校訂「大徐本」汲古閣本)(WLDB)第十一篇下篆文

 

 

      【干禄字書】文化14年和泉屋金右エ門版:右画像上から〔龍’〕〔龍”〕〔龍〕

 [軋(車→虫)][ 虬]

m0101

――

(32805)キ_ウ。  (1)虯に同じ。(2) 蟉に同じ。〔蟉→リュウ・ル、キュウ:[幽]蟉は龍蛇のまがりうねるさま。〕

 [糾〈糸→虫〉][ 虯]

m0201

――

[]

(32810)(一)キ_ウ・ グ〔集韻〕渠幽切。〖尤〗平聲。 (二)ケ_ウ・ゲ_ウ〔集韻〕巨小切。〖篠〗上聲。 (一)(1)みづち。龍の子で両角のあるもの。〔説文繋傳:小徐本〕 虯、龍子有角者、从虫[虯−虫]聲。…以下略。(2)角のない龍。〔説文:段注〕虯、龍無角者、从虫[Ч]聲。(3)龍。(4)俗に虬に作る。(5)略。(二)蟉虬は、めぐるさま。

◎ピンイン:qiú

=[Ч]:音:キュウ

(48262)キ_ウ:虯に同じ:[草〈早→黽〉]=[黽’]

 [ 蛟] JIS第2水準code7364

m0601

――

[]蛟

(33009)カ_ウ ・ケ_ウ〔集韻〕居肴切。〖肴〗平聲。 (1)みづち。龍の一種。蛇に似て、四足を具え、大きいものは人をのむという。〔説文繋傳:小徐本〕蛟、龍 之属也、池魚滿三千六百、蛟來為之長、能率魚飛、置笱水中、即蛟去。…以下略。(2)角のない龍。わにの類。〔説文:段注〕蛟、龍属、無角曰蛟、从虫交聲。…以下略。(3) おやの龍。(4)大魚の名。さめの類。鮫につうず。

◎ピンイン:jiāo

 [璃〈王→虫〉][离][螭]

m1101

――

[]

(33494) チ〔集韻〕 抽知切。〖支〗平聲。 (1)みづち。あまりょう。龍の属で黄色なもの。又、龍の角の無いもの。〔説文:段注〕螭、若龍而黄、 北方謂之地螻、从虫离聲、或云、無角曰螭。〔後漢書、張衡傳、亘螭龍之飛梁、注〕。廣雅曰、無角曰螭龍。(2)龍の子。龍の雌。〔漢書、司馬相如傳上〕 蛟龍赤螭。〔注〕文穎曰、龍子為螭、張揖曰、赤螭、雌龍也。(3)〜(7)略。(8)[它](3-5780)に同じ。〔玉篇〕[它]、今作螭。( 9)略。

◎ピンイン:chī

○参考用例(中国)

その1

○【説文】(1):@【説文解字】(徐鉉校訂「大徐本」汲古閣本)(WLDB):龍(篆):鱗蟲之長、能幽能明、能細能巨、能短能長、春分而登天、秋分而潛淵。从肉飛之形、童省聲。{臣鉉等曰、象[宛−ウ]轉飛動之皃}凡龍之属皆从龍。{力鍾切}

A【説文解字】「十五巻」TDB:説文解字注::鱗蟲之長、能幽能朙〔=明〕、能細能巨、能短能長 {四句一韻}。春分而登天、秋分而潛淵。{二句一韻。毛詩蓼蕭傳曰、龍寵也、謂龍即寵之叚借也。勺傳曰、龍和也、長發同謂龍爲邕、和之叚借字也。}从肉。{與能从肉同。}[]肉飛之形。{[]肉二字依韻會補 、無此則文理不完、六書故、所見唐本、作从肉从飛及童省。按从飛謂[@2]飛省也。从及謂[@3]反、古文及也。此篆从飛、故下文受之以飛部。}童省聲。{謂[@4]也。力鍾切九部 }凡龍之属皆从龍。

○【説文】(2):@【説文解字】(徐鉉校訂「大徐本」汲古閣本)(WLDB):龍之屬也。池魚滿三千六百、蛟來為之長、能率魚飛。置笱水中、即蛟去。从虫交聲。古肴切。A【説文】(「説文解字十五巻」TDB)(説文解字注)蛟(篆):龍属無角曰蛟。{各本作、龍之屬也、四字、今依韻会正。龍者鱗蟲之長、蛟其属、無角、則属而別也。郭氏山海経傳曰、似蛇四脚細頸、頸有白嬰、大者数圍、卵生子如一二[角斗][公/瓦]、能呑人。按、蛟或作鮫、然鮫者魚名、其字不相代也。}从虫交聲。{依韻会、本四字在在此、古肴切、二部、}池魚滿三千六百。蛟來為之長。能[迹〈亦→率〉]魚而飛。{韻会有而字}置笱水中、即蛟去。{[迹〈亦→率〉]者先導也。曲竹捕魚曰笱、}

○【説文】(3):@【説文解字】(徐鉉校訂「大徐本」汲古閣本)(WLDB)螭(篆):若龍而黄、北方謂之地螻。从虫离聲。或云無角曰螭。丑知切。A【説文】(「説文解字十五巻」TDB)(説文解字注):螭(篆):若龍而黄。{南都賦曰、憚虁龍、怖蛟螭、李注引説文蛟螭、若龍而黄。按、李注蛟字誤衍。蜀都賦或蔵蛟螭、劉’注云、蛟螭水神也。一曰雌龍、一曰龍子、似亦謂蛟螭為一物、然上林賦蛟龍赤螭、文穎曰、龍子為螭、張揖曰、赤螭、雌龍也。皆劉’説所本、張左之賦、皆不謂、蛟螭一物也。許謂离為山神、螭為若龍而黄、與諸家説異。司馬相如曰、赤螭、揚雄解嘲曰、翠虯絳螭之将登乎天、不謂其色黄矣、}北方謂之地螻。{呂氏春秋曰、黄帝之時、天先見大螻大螾。史記封禅書黄帝得土徳、黄龍地螾見、地螻之説、其本此與、非螻蛄也。}从虫离聲。{丑知切。古音在十七部。}或云無角曰螭。{六字疑後人所増、非許書本有、蓋既改虯下為角有、則注此為無角。}

○【説文】(4):@【説文解字】(徐鉉校訂「大徐本」汲古閣本)(WLDB):虯(篆):龍子有角者。从虫[Ч]聲。{渠幽切} A【説文】(「説文解字十五巻」TDB)説文解字注:虯(篆):龍無角者。{各本作龍子有角者。今依韻会所據正。然韻会尚誤多子字。李善注、甘泉賦引説文、虯龍無角者、他家所引、作有角、皆誤也。王逸注、離騒天問両’言有角曰龍、無角曰虯。高誘注、淮南同。張揖上林賦注、後漢書馮衍傳注、玉篇、廣韵皆曰、無角曰虯、絶無龍子角有之説。惟廣雅云、角有曰[黽’]、即虯字、無角曰[]、即螭字。其説乖異、恐転写之譌不為典要。}从虫[Ч]聲。{渠幽切。三部}

○【説文】(5):説文に記載なし。 虯に同じ。

○【玉篇】(大廣益会玉篇三十巻・張氏重刊宋本玉篇)(TDB):@巻第二十三○龍部第三百八十一{凡八字}龍{力恭切。能幽明大小登天、潜水也。又寵也。和也。君也。萌也。}A巻第二十五○虫部第四百一{五百二十五字}虫{略}…中略…蛟{古爻切。蛟龍也。}虯{奇樛切。無角龍。}螭{丑支切。無角如龍而黄。}

○【廣韻】(五巻・張氏重刊宋本廣韻TDB)@上平聲巻第一:{都宗}冬第二{鐘同用}/ニ○冬{都宗切。七}/三○鐘{職容切。十八}…○{通也。和也。寵也。鱗蟲之長也。易曰、雲従龍。又、姓。舜納言龍之後。力鐘切。九}/A上平聲巻第一:{章移}支第五{脂之同用}/五○支{章移切。二十九。}…○摛{丑知切。九}{螭無角如龍而黄、北方謂之地螻。}/B下平聲巻第二:{羽求}尤第十八{侯幽同用}/{胡鉤}侯第十九/{於虯}幽第二十/二十○幽{於虯切。七}…○{無角龍也。渠幽切、又居幽切、七}

[]作字

[]

@の上半:

[3]

@の下半:

[2]

龍の左半上部:[4]=立

龍の左半下部:[5]=肉:月

 

 

その2

○【爾雅】(「爾雅注疏十一巻」TDB)巻第十:釈魚第十六:螣螣蛇。【註】龍類也。能興雲霧而遊其中。淮南云、蟒蛇。{○螣、上音朕。下音騰。}【疏】{蛇似龍者也。名螣、一名螣蛇。能興雲霧而遊其中也。 蟒當為奔。案淮南子覧冥篇説女媧云、功烈上際九天、下契黄壚。名声被後世、光輝熏万物。乗雷車、服応龍、驂青虬、援絶瑞、席蘿圖、雲黄路、前白螭、後奔蛇。許慎云、奔蛇、馳蛇是也。或曰淮南人呼此螣為蟒螣、義亦通。}

○【廣雅(博雅)】釋魚:@有鱗曰蛟龍、有翼曰應龍、有角曰虯龍 、無角曰螭龍。未升天曰蟠龍。龍能高能下能小能巨能幽能明能短能長。A無角曰[]龍。……原点未確認、要確認。

○【埤雅】(WDB:20巻:4冊)第1冊(第1巻)釋龍:龍:八十一鱗、具九九之數、九陽也。鯉三十六鱗、具六六之數、六陰也。龍、亦卵生、思抱、雄鳴上風、雌鳴下風、而風化、有鱗曰蛟龍、有翼曰應龍、有角曰虯龍。蓋蟲莫智於龍、龍之コ、不為妄者、能與細細、能與巨巨、能與高高、能與下下、故易、乾以龍御天、坤以馬行地、龍天類也、馬地類也。易曰、震為龍、震為龍以動故也。周易、以變者為占、故乾六爻皆動、皆謂之龍、所謂、初九、九二、九三、九四、九五、上九、是也。蔡墨曰、龍、水物也。周易有之、在乾之姤曰、潛龍勿用、其同人曰、見龍在田、其大有曰、飛龍在天、其夬曰、亢龍有悔、其坤曰、見群龍無首、吉。蓋乾初九變而之姤、九二變而之同人、九五變而之大有、上九變而之夬、六者倶動變而之坤、是以蔡墨之言、如此、知此、則知、震所以為龍之義矣。賈誼新書曰、亢龍往而不能反、故易曰、有悔有悔者凶也、潛龍入而不能出、故易曰勿用勿用者不可也。觀誼之言如曰勿用者戒使勿為潛龍也。故曰潛之為言也。隱而未見、行而未成、是以君子勿用也。蓋止使人無為謂之勿、所謂、勿用取女、勿用有攸往、小人勿用、之類皆戒使勿為也。俗云、龍精於目、蓋龍聾故精於目也。陰陽自然變化論曰、驪龍之眸、見百里纖芥、又曰、龍能變水、人能變火、又曰、龍不見石、人不見風、魚不見水、鬼不見地。孫綽子曰、高祖御龍、光武御虎。龍、韓彭之類是也。虎、耿ケ之類是也。法言曰、龍以不制為龍、聖人以不手為聖人。手取也。言雖容有飛禍而非其所取。詩曰、賓載手仇。手取也。酈元水經曰、魚龍以秋日為夜、按龍秋分而降、則蟄寢於淵、龍以秋日為夜、豈謂是乎。莊子曰、朱泙漫學屠龍、於支離益、殫千金之産、三年技成、而無所用其巧。此言、技術雖高而應世稍疎、則無所用之、是以君子因時、施宜事、在於適而已、豈必一二以追先王之迹哉。旧説鼈畏葱、蛟龍畏鉄。又云、龍肉以醢漬之、則文章生。〖李石撰、続博物志10巻〗今相家説、龍、人臣得其一體、當至公相、曾公亮得龍之脊、王安石得龍之睛。内典云、龍火得水而熾、人火得水而滅。按、葬書、以龍言山、以虎言水、六龍九虎、是也。直山直水謂之死龍死虎、故曰、小頓大起、宛轉如盤龍、奮迅如舞鶴、謂之住岡。

その3

○【淮南子】『淮南鴻烈解』(KLDB)巻第六「覧冥訓」:往古之時、四極廢、…中略…名聲被後世、光暉重萬物。乗雷車、服駕應龍、驂青虯、{注:駕應徳之龍在中為服、在旁’為驂、有角為龍、無角為虬、一説、応龍有翼之龍也。}援絶瑞、席蘿圖、{注:略}黄雲絡、前白螭、後奔蛇、{注:略}浮游消搖、道鬼神、登九天、朝帝於靈門、{注:略}宓穆休於太祖之下。{注:略}…以下略:往古の時、四極廃れ、名声は後世に被り、光暉は萬物を薫く。雷車に乗り、応龍を服し、青虯を驂にし、絶応を援り、蘿圖を席き、黄雲を絡とし、白螭を前にし、奔蛇を後にし、浮游消搖して、鬼神を道びき、九天に登り、帝に靈門にて朝し、宓穆として太祖の下に休う。

○【博物志】物理:龍肉以醯漬之則文章生。

○【後漢書】(WLDB):『後漢書』巻二十八下:馮衍傳第十八下:建武末、上疏自陳曰、臣伏念高祖之略而陳平之謀、…中略…駟素虯而馳騁兮、乗翠雲而相佯。就伯夷而折中兮、得務光而愈明{四馬曰駟。虯龍、之、無角者也。楚詞曰。駟玉虯以乗翳兮。爾雅曰。馬高八尺為龍。司馬相如曰。駟蒼螭兮、六素虯。相佯猶逍遙也。伯夷、孤竹君之子、周武王時義士、不食周粟、隱於首陽山。楊雄反騷曰。將折中乎重華。列仙傳曰。務光者、夏時人也。殷湯伐桀、因光而謀、光曰、非吾事也。至殷武丁時、武丁欲以為相、光不從、遂投於梁山。衍退不仕、與務光辭相r、事相得、故曰愈明、愈猶益也。}…以下略。

○【酉陽雑俎】巻十七、廣動植之ニ、鱗介篇:龍頭上有一物如博山形名尺木龍無尺木不能昇天。:(東洋文庫397「酉陽雑俎3」段成式著。今村与志雄訳注):巻第十七、広動植之ニ、動植物雑纂そのニ、鱗介篇:魚介類(175p):650 龍:頭の上に、博山のような形をした物がひとつある。尺木と名づける。龍は、尺木がなければ、天に昇ることはできない。〔注〕1:博山 冠の名。

○邦名  りゅう。たつ。○ピンイン:lóng

○【箋注倭名類聚抄 龍魚部第十八  龜貝部第十九  虫豸部第二十 {○廣本虫 作蟲、按漢碑唐扶頌云、徳及草虫、亦蟲作虫、蓋省文耳、爾雅釈文云、蟲亦作虫、今人以虫為蟲、相承仮借用耳、恐未是、

 龍魚部第十八

   龍魚類百八   龍魚體百九

〔1〕龍’ 文字集畧云、龍’、 {力鐘反、太都}{○下総本有和名二字、神代紀斎明紀同訓 、按太都、蓋爾雅所謂蛇、郭璞曰、能興雲霧而遊其中者也、荀子云、蛇無足而飛 、説文、、神蛇也、今猶、有太都在雲中垂尾者、越後海辺多、 謂之太都万岐、恐非龍也、}  

     四足五釆、甚有神 靈也、{○下総本龍’作龍 、那波本同、按干禄字書云、龍’龍上通下正、天文本也上有者字、廣本同、}

  白虎通云、鱗虫三百六十六、而龍’爲之長也{○所引文原書 無載、按易本命篇云、有鱗之蟲三百六十、而蛟龍爲之長、孔子家語執轡篇 云、鱗蟲三百有六十、而龍為之長、恐源君 誤引是等書也、説文云、龍鱗蟲之長、能幽能明、能細能巨、能短能長、春分而登天、秋分而潜淵、从肉飛之形、童省声、} 

〔2〕虯 龍 文字集略云、{音球、}龍’之無角青色也{○下総本、廣本同 、按龍龕手鑑云、虬虯同上 、廣本無作有、。按淮南子注云、有角為龍、無角為、離騒及天問注云、角無、慧琳音義引韻英云、虯無角龍也、玉篇廣韻同、後漢書馮衍伝注亦云、虯龍之無角者也 、然説文云、、龍子有角者 、廣雅云、有角曰草(早→黽)]龍、無角曰[它]龍、初学記及玄應音義引廣雅[草(早→黽)作、[它]作、集韻 、又作[草(早→黽)]、又作[多它]、是 有角無角二説、自古有之、 未知此以孰為是也、} 

〔3〕螭龍 文字集略云、{音知、}龍’之角赤白蒼色也{○按説文 云、、若龍而黄、北方謂之地螻、或云、無角曰螭、廣雅云、無 角曰[它]龍、集韻又作[它]、並與此云龍之無角合 、又按上林賦云赤、楊雄解嘲云絳、此蒼字恐衍、}

〔4〕 説文云、蛟{音交、美都知、日本紀私記用二字、 }{○下総本有和名二字、廣本、廣本 無私記二字、似是、大見仁徳六十七年紀、}

  龍’之屬也、山海經云、蛟似而四脚、池魚 滿二千六百、則蛟 來爲之長{○説文虫部 云、蛟、龍之属也、池魚満三千六百、蛟来為之長、又南山経 云、過之山[氵艮]水出 焉、其中多虎蛟、注、蛟似蛇四足、龍属、此所引即是 二書、而錯出雑、 然太平御覧與此引全同、疑修文殿御覧連引 二書、伝写錯誤者、源君及李ム等並襲用之、廣本山海経下有注字、似是、二千當従説文作三千、天文本無池魚以下十三字、伊勢廣本同、按 以蛟為美都知、以大虯為美都知、其説不同、非蛟一名大虯也、

    又按万葉集云、虎爾乗古屋乎越而青淵爾鮫龍取將來劔刀毛我、鮫龍即蛟龍之異文、中庸黿鼉鮫龍、釈文本 作蛟、是也、宜訓美都知若多都、今本訓左女者、依鮫字而誤也、淮南子道應訓、蛟龍水居、注0、蛟、水蛟、其皮有珠、世人以刀剣之口、高誘以蛟龍為鮫魚、其誤與万葉集旧訓同 、}

○いろいろな国の「龍」サイト:(1)日本:Wiki。(2)ヴェトナム:Wiki。(3)THIÊN LÝ BỬU TÒA

 

【類聚名義抄(観智院本)】

 

 ○【新撰字鏡(天治本)】蛟{胡肴反。龍名、美止知。}……ミトチ。

 ○【類聚名義抄(観智院本)】蛟{⊥交。ミツチ。}虬虯{⊥球、二正、龍。}大虬{ミツチ}……⊥:「音」の略記号。

 

 

 

 

 

 

【北越奇談】(6巻:文化8年、1811年序記:橘崑崙述:柳亭種彦校合:葛飾北斎画:WLDB)上:(四丁裏〜五丁表)下:右半左上部の龍図をトリミングした画像。

 

○【北越奇談】(6巻:文化8年、1811年序記:橘崑崙述:柳亭種彦校合:葛飾北斎画:WLDB)(翻刻:中島。適宜句読点加える。)巻之一「龍蛇ノ奇」(りゅうだのき) 北越は水国なり。西北海広(さいほくうみとを)く、東南坤( とうなんうしとら)に環(めぐ)りて、山勢波濤のごとく聳て、其央只、香山(やひこやま)米山(よねやま)を置(おゝ)のみにして、余地ことごとく平田邑離*(へいでんゆうりみなみきた)八十余里に 連り、 横幅尤地の厚薄を従へ、或は、…中略…誠に北越は天下無双の水国たるべし。かゝるがゆへに龍蛇の化、無量にして海より出て山に入り、山より来りて湖水に入。水を巻き雲を起し、不時の風雨をなすこと年ごとに人の見る処なり。予児たる時より是を聞ていまだ見ず。かの葉公の龍を好める論(たとへ)には異なれども、人の物語るに付て不審なることどもおほかりしが、去ル寛政五癸丑(みづのとうし)年十一月廿日、さりがたき私用出来りて独蓑笠に寒風をしのぎ新潟の津にいたらんとす。此日殊に雪しげくふりて、行きかふ人もあらざりしが、木崎なる茶店(さてん)に立寄便船やあると尋ね求むるに、おりふし雨雪をしのぐ苫だにもなき小舟ひとつながれにまかせて漕来りぬ。待もふけたるたることなれば幸ひと便をもとめ船中に蓑うちしきて座することおぼへし。忽阿賀の大江を横切りたり。新渠にいたりて茶店を望めば、此日の風雪はげしきほどに来往の小船数十艘岸につなぎて、何れに舟よすべくもあらざりければ、舟子の曰、旅人今しばし寒気をしのび給ひとて又一里ばかり漕ぎ行きぬ時、いまだ七ツには過ざれども風いよいよあらく、雪空中にひるがへり、遠景總て暮がごとし。此所野守が苫屋一ツありて、新潟へは一里なり。名におふ八千余流の港湊する所海と河水と只一片の沙岸を隔つるのみ。しら浪天に漲、見るさへいとゞ物すごきおりなれば、予は舟底に打臥し居けるに舟子忽声をあげあはて騒ぎて、すはや龍巻の来るはとて舟底にまろひ臥しぬ。予も思はざることなれば急立上りて是を見るに、海上岸近く一陣の黒雲洑来(くろくもうづまききた)るその疾こと矢のごとく、勢ひ浪を捲き、砂(いさご)を飛せ船をのぞんで突来るにはかなはじことなれども、舟中にまろび入しがいやことよ(?要検討)、此勢ひ舟にあたればなどのがるゝ道あらむ、聞つとふ竜蛇(りゅうだ)は、白刃をおそるといへりとても、のがれぬ命ならばと又舟底より、立あがり刀ぬきはなして額にあて舟の[舟益](へさき)に片座するほどこそあれ、其間三間ばかりあらんか。左の方をすべる勢ひ雲百綸をまくに似て風一條につぐみ総を劔のごとく川浪忽ち二ツにさけて舟已にくつがへらむとせしが横さまに吹飛すこと石飛礫を抛(なげうつ)に似て、おぼへず半丁ばかり退けらる。予そのつと竜を画くごとに其真をみざることを恨み古より論する所其説紛々たるを憂るおりふしなれば、おそろしさもさることながら心を付て雲中を見れども更に其形は見えず。只雲中うごめき渡、其頭とおぼしき所呼吸のごとく火光ありて風と共に後に打なびくを一息\/たり。黒雲とともに其丈總て十丈にはすぎざるべし。其響雷のごとく巽をさして行過る所、木をぬき枝を割、左右に吹飛すありたる風に木の葉の乱るゝにことならず。わづかに一瞬の間夢のごとくにおほへ侍る。又、一奇なるは此日新潟に渡り得ずして野守が軒に繋たる米穀大根なんど積たる小舟十一艘此怪風のあたる所僅かに二艘縄引きちぎり水面はるかに吹放されたり。残る九つの舟は少しも動ぜずゆたかにして岸にあり。其疾こと如此。扨、舟子漸く舟底より立あがり、かの野守が軒に漕よせふしぎに命を全し、かの苫屋に宿請ふて入みれば先達て十一人の舟子皆炉辺に取囲て相顧隙ももあらねど人\"/すこしづゝ座をゆづり、予を介抱し得させぬ。其夜わづかなる一ト間に家内六人あり。客十三人なり。各枕を打交て臥といへども、予はかゝることの得もなれざるに寒風肌を穿つて夢むすぶべき隙もなく、打咳ければ、あるじの翁笑止にやおもひけん。やがて起上り外面に出藁など多く持来りて、床下に敷、左右にもつみ、其中に枕を高ふして、上にも厚く打覆ひければ忽寒をわすれ暖なるをいふべからず。かの錦繡の夜のものにもやわらおとらじとこそ覚侍る。誠に人生の生涯にはかゝる奇事にもあひぬるものかな。

   およそ此北越海辺の人家には屋上に鎌を立田間には龍巻の節必ず百姓大勢あつまり手ン手(てんで)に鍬鋤なんどふりかまして其怪風をのがれ避ることなり。……以下次項は「闘龍」(たうりゅう)及び「巻水」(けんすい)。寛政八年八月信濃川西江戸巻地区に吹き荒れた氷塊をふらせた風雨被害と海上におきた「不思議なる龍の神変、はかりがたきことどもなり。予も此月はじめて龍の水を巻く所を目前見つるが云々」について記す。その次の「登蛇」(とうだ)の節以降略す。

○【東遊記】(後編三)(橘南谿 著。寛政7〜9〈1795〜1797〉年刊)(WKDB)
登龍 越中越後の海中、夏の日龍登るといふ甚多し、黒雲一村虚空より下り來れば、海中の潮水其雲に乘じ逆卷のぼり、黒雲を又くはしく見れば、龍の形見ゆることなり、尾頭などもたしかに見て、登潮は瀧の逆に懸るが如し、又岩瀬と云所、宮崎といふ所まで、十餘里の間に竟りて、黒龍登れるを見しと云、又鐵脚道人退冥の手代、越後の名立の沖を船にて通りし時、海底に大龍の蟠れるを見しといふ、蟠龍を見る事は、此手代に限らず、彼海底には折々ある事となり、是等は皆慥なる物語なりき、

BACK

お願い  文字画像は、サイト(MANAしんぶん)中のエッセイ等で多用する表示不可の魚偏漢字に対応して作成したものであり、リンクフリーですが、他サイトでの使用 画像や(C)明記した画像の場合は、出典を明記して、そのむね管理人あてご一報願いたい。

send mail here

copyright 2002〜2010,manabook-m.nakaji