真名真魚字典

 まなまなじてん|MANAMANA-JITEN

 

TOP凡例もくじ||HOMEその他19画←|その他20〜24画←|

 

(3)その他の部 Sorry Under Construction

 

[單’/黽][口+口/田/一/黽]  |[敞/黽][鼈]

25画

  [單’/黽][口+口/田/一/黽]  

sonota

2501

 12-48306 (一)タ・ダ。(二)タン・ダン。(三)セン・ゼン。 (一)(二)(三)@わにの一種。A蟺(10−33671)、[單](12−46496)に作る。

用例

【説文】(巻13 黽部)(篆) 水蟲。佀(似)蜥易、長丈所、皮可為鼓。从黽單聲。

参考:=@ 鱓*1 鮀*2

○邦名 不詳。ワニ(鰐)の一種。

○参考 【漢語林】形声。黽+單(音)。音符の單は、@に通じて、くねっていくという意味。身をくねらせてすすむ、わにの意味を表す。

○【證類本草】(政和本草:WDB)第二十一巻蟲魚中品56種 [它]{音駝}魚甲…中略…陶隠居云、[它]、即今鼉甲也。用之當炙皮、可以冒’(=曰/見)鼓。…中略…臣禹錫等謹按蜀本図経云、生湖畔、土窟中、形似守宮、而大長丈餘、背尾、倶有鱗甲、今江南諸州皆有之。…中略…【陳蔵器】{按[它]魚合作’鼉字。本経作[它]魚、之別名。已出本経。今以鼉為[它]、非也。宜改’為鼉字。肉至美’。食之。主悪瘡、腹内癥瘕、甲炙浸酒服之。口内涎毒。長一丈者能吐気、成霧致雨。力至猛、能攻階江岸。性嗜睡。但目閉形如龍大。能者自噛其尾。極難死。声甚畏、人於穴中掘之、百人掘亦須百人奔、一人掘亦須一人牽。不然。終不可出。梁周與常食其肉。後為鼉所賈。便為悪瘡。此物?強。不可食。既是龍類。宜去其魚。}

○【本草綱目】(国会図書館蔵本KTDB)鼉龍{本経中品}〈釈名〉[它]魚{本経}上〔→土〕龍{(蔵器曰)本経[它]魚合改作鼉。々〔ヒ≒々=鼉〕形如龍、声甚可畏。長一丈者能吐気成〔雲〕云致雨、既是龍類、宜去其魚。(時珍曰)鼉字象其頭、腹、足、尾之形、故名。博物志謂之土龍。鮀乃魚名、非此物也。今依陳氏改正之。}/〈集解〉{(別録曰)鮀魚甲生南海池澤、取無時。 〔陶〕弘景曰 、即鼉甲也。皮可冒鼓。性至難死。沸湯沃口、入腹良久乃剥之。(蔵器曰)鼉性嗜睡、恒閉目。力至猛、能攻江岸。人于〔於〕穴中掘之、百人掘、須百人牽之。一人掘、亦一人牽之。不然、終不可出。(〔蘇〕頌曰) 今江湖極多。形似守宮、鯪鯉[輩(非→北’)]而長一二丈、背尾倶有鱗甲。夜則鳴吼、舟人畏之。(時珍曰)鼉穴極深、漁人以篾纜繫餌探之、候其呑鉤、徐ヒ〔々〕引出。性能飛、不能上騰。其声如鼓、夜則鳴應更、謂之鼉鼓、亦曰鼉更、俚人听〔=聴〕之以占雨。其枕瑩淨、勝於魚枕。生卵甚多至百、亦自食之。南人珍其肉、以為嫁娶之敬。陸佃云、鼉身具十二生肖肉、惟蛇肉在尾最毒也。}/鼉甲:(修治)酥炙、或酒炙用。/(気味)酸、微温、有毒。{(権曰)甘、平、有小毒。(日華曰)無毒。蜀漆為之使。畏芫花、甘遂、狗膽。} (主治)心腹癥瘕、伏堅積聚、寒熱、女子小腹陰中相引痛、崩中下血五色、及瘡疥死肌{本経}。五邪涕泣時驚、腰中重痛、小兒気癃眥潰{別録}。小腹気痛及驚恐{孟詵}。 除血積、婦人帶下、百邪魍魎{甄權}。療牙齒疳宣露{日華}。殺蟲、治瘰癧瘻瘡、風頑瘙疥惡瘡、炙燒、酒浸服之、功同鼈甲{藏器}。治陰瘧{時珍}。/〈発明〉略/〈附方〉略/脂 略/肝 略。

○鼉鼓:だこ:ダコ:@鼉の皮を張った大鼓。A鼉の泣き声。鼉更に同じ。

○鼉更:だこう:ダコウ:鼉の泣き声。又、鼉が時を告げる声。転じて、時を告げる鼓声をいう。鼉は、夜善く鳴き、その声は鼓声に似て、その数は、更に応じ、初更には、一鳴、ニ更には再鳴するという。引用上記アンダーライン。

○参考 (1)エイ:[魚+單](12画)で字義、用例等を掲載した。 : [覃](12画)。[單](12画)。

○参考(2)ハゼ:[魚+它](5画)。[鯊](7画)。沙魚(その他7画):[魚+小](3画)、[魚+少](4画)、[魚+尓](5画)、[魚+今(ラ→小)](5画)。[魚+h+臣](6画)。[魚+罔](8画) 。[魚+庸](11画)。

 

 25画[敞/黽][鼈] JIS第二水準[8372]

sonota

2502

*1

12-48305 ヘツ・ヘチ。 @すっぽん。みのがめ。[敞/虫][敞/魚]に作る。

の異体字:[ 敞/魚](12画)*2 [ 敞/龜](28画)*3

○邦名 魚名不詳。カメ。スッポン。

○【学研新漢和大字典】音: ベツ。ヘツ。ヘチ。意味:かめ。 スッポンの一種。シナスッポン。淡水産・団魚。古訓:カハカメ(新撰字鏡、和名類聚鈔、類聚名義抄観智院本)、ウミカメ・カハメク・カメ・ミツチ(類聚名義抄)

○【箋注倭名類聚抄】巻八 龜貝部第十九 龜貝類百十 〔77〕鼈 本草云、鼈、{唐韵云、并’列反、魚鼈字或作鱉、加波可女、}{○千金翼方証類本草中品 載之、説文、鼈、甲蟲也、所引唐韻 與廣韻同 、下総本有和名二字加波可女、 依輔仁、新撰字鏡同訓 、今俗呼寿都保無、}

○参考(1)

 

BACK 

お願い 画像は、サイト(MANAしんぶん)中のエッセイ等で多用する表示不可の魚偏漢字に対応して作成したものであり、リンクフリーですが、他サイトでの画像使用の場合は、そのむね管理人あてご一報願いたい。

send mail here

copyright 2002〜2010,manabook-m.nakaji