おもしろお魚教室

[やさしい魚類学]

by Izumi Nakamura 

中村 泉(魚類学・舞鶴市在住)


MANAが長年尊敬してやまない中村泉さんの「やさしい魚類学」(京都府漁連「京漁連だより」掲載)を、先生との往復書簡によって先生の筆をいれていただき順次掲載することにする。京都大学農学部助教授として、舞鶴の水産実験場の研究室から地元の市場や漁場に足を運びながら、京都府漁連の機関誌に、1ヵ月に1度の連載をした「やさしい魚類学」は、20年近くも続いた。「高校生ぐらいの魚好きの人に関心を持って世界の海に飛び出してほしい」という、船乗り志望だった先生が、わかりやすく、魚類学、あるいは魚類行動学について1回3000字程度にまとめて、直筆のスケッチをまじえて掲載した。

 ぼくは、そんな先生とは、貝井春治郎さんの取材で長期取材を敢行したおり、マグロやカジキについてのおはなしを伺いに日参したことが縁でお付き合いを続けていただいてる。先生は、2002年京都大学を退官され、チュニジアの国立海洋科学技術研究所(INSTM)に招かれ所長のSientific Adviserとしてチュニジアに長期滞在をされている(現在帰国、舞鶴市を基点に世界の海を飛び回っています)。奥様の禮子さんからも、チュニジアや地中海の食文化や人々の暮らしのことについて「チュニジアだより」New!!Reiko's Essay チュニジア便りオーストラリア調査記)を送っていただ きました。合わせて、ご覧ください。


も・く・じ

はじめに

地球上に魚はどれぐらいいるのだろう

魚はニンジャである―目立つことと溶けこむこと

干支の魚[子(ねずみ)]

干支の魚[丑(うし)]

NEW !! 干支の魚[寅(とら)]

 

●干支の魚〔3〕 虎・とら・トラにちなむ魚

 

 寅歳生まれで、小学生時代からの虎吉(熱烈阪神タイガースファン)を自認している筆者には、長引く経済不況を脱して、今年はなんだか希望の持てる年になりそうな予感がする。

 新年を迎えるにあたって、例年のごとく虎(寅)と名前のついている魚たちを探してみた。標準和名として、トラザメ、トラフザメ、トラウツボ、トラギス、トラノコイソハゼ、トラフウミヤッコ、トラフグを確認した(図1)。これらの色一類になぜトラの字が冠せられたかと、いろいろ考えてみたが、それらが形態や生態や行動から来ているとはとうてい考えられない。それも無理からぬところで、虎は我が国にいないので、形態、生態、行動などの現実が人々によく知られていなかったということであろう。

〈 図―1〉左上から左下へ:トラザメ、トラフザメ、トラウツボ、トラギス。

   右上から右下へ:トラノコイソザメ、トラフウミヤッコ(体後半は略写)、トラフグ。

 

 それに反して、黄金色の地肌に彩やかに映える黒い斑点(幼獣に特徴的に出る)や縞紋様は虎の最も目立つ特色なので、古くから絵画や文学作品などで我が国に伝わってきている。つまり、上述のトラの冠せられた魚たちの名称はすべてそこからきていると考えられる。

 今回、日本語の他には、中国語と英語およびフランス語で代表される西欧諸国語を簡単に調べただけだった。従って、虎の分布しているインド・マレー半島、スマトラ島、朝鮮半島、中国東北部、シべリア地方などの言語をよく調べれば、虎の形態、行動、生態などに由来するトラの冠せられた魚たちを探し出すことができるかも知れない。

 日本語以外で虎の意の名称を持つ魚類に以下のものがある。

 中国の南支那海沿岸地方で、体に大小の斑点のあるウツボ類の一種を虎斑裸海鱔と呼び、黄海・渤海沿岸地方では、体側に縞紋様のあるヒメオコゼのことを虎鮋と呼んでいる。(図2)。英語圏の国々では、日本でイタチザメと呼ばれている全長4メートル以上になる猛々しいサメをtiger sharkとよぶ(図3)。

〈図―2〉上:ウツボ類の一種=虎斑裸海鱔(体後半は省略)。下:ヒメオコゼ=虎鮋。
〈図―3〉イタチザメ=tiger shark。

 ここで注意しなければならないのは、tiger shark をそのまま日本語に直訳してはならないと言うことである。直訳してトラザメとしてしまうと、全長1メートル前後の日本語で言う、おとなしいトラザメと混合されてややこしくなる。従って動物名を訳す時は、その種に関して、双方の国で実際にどの名称を使っているかを確認することが最重要で、単なる言葉の翻訳であってはならない。
 ついでに言えば、英語のtiger sharkが日本語のイタチザメというのもなんだか拍子抜けの感があり、あまりよい命名とはとうてい言えない。しかし広まってしまった和名を簡単に変えることもできない。従って、和名の命名と言えども安易に行うべきではない。

 なおフランスの地中海沿岸のモンべリエの近くの都市セトでは、我が国でいうトラザメ属の一種の、小型のサメをtigre(虎斑の)と呼んでいる(図4)。

 ここに、芸術や文化において、ある種の奇妙な好みを共有すると言われている日本人とフランス人の感性の類似を見るような気がするのは、筆者だけであろうか。

〈図―4〉トラザメの一種=tigre。 
〈図―5〉シロワニ=sand tiger。。

 アメリカでは、和名でシロワニと呼ばれている体側に斑点を有するサメをsand tigerと呼んでいる(図5)。以上見てきた日本以外でトラの名を持つ魚たちもすべてその名前の由来は、虎に特徴的な体にある黒っぽい斑点や縞紋様に基づくものと考えられる。それだけ虎はまだその生態や行動がよく知られていない動物だと言うことができよう。

 近年、虎は絶滅の危機に頻している動物に位置づけられているが、この力強くて限りなく美しい動物を地球上から消滅させてはならないとの思いに強くかられる。

 現在、京都市で開催されている「地球温暖化防止京都会議」で、人間の側の論理や利益を前提に、各国間での規制の押し付けあいが演じられているようだが、誰か虎の威を借りてでも、人間どもに、地球生態系は人間の専有ではないと思い知らせるものが出てこないものであろうか。 (1998年「京漁連だより」bX5、1月号に掲載より。)

(NEXT-under construction)

copyright 2002〜2010Izumi Nakamura 

TOP


 HOME  海INDEX  NEXT


send mail here

copyright 2002〜2010,manabook-m.nakajima