越智昇先生を偲ぶ会通信


横浜市立大学改革と学部改組の行方

横浜市大の改革については、神奈川新聞紙上に「廃校か?」というような記事が出されて以降、市大卒業生の皆様にも大変ご心配をおかけしております。現在の状況について簡単にお知らせいたします。

改革による変化の内容は大きく2つです。

本年4月1日より独立行政法人に移行することと、同時に、これまでの国際文化、理、商の3学部を統合して「国際総合科学部」に変えることの2つで、現在その両方について準備がすすめられています。現行の学部、学科は平成21年度まで存続させる、としています。

国際文化学部4学科(国際関係、欧米、日本・東アジア文化、人間科学)は、「国際総合科学部」の国際教養学系2コース(人間科学、国際文化創造)に再編され、現行の商学部、理学部からも教員が移って来ます。越智先生の所属されたセクションは現在人間科学科となっていますが、新人間科学科には商学部の社会学担当教員も入るように変わります。国際総合科学部には、他に、理系2コース、経営系2コースに加え、「ヨコハマ起業戦略コース」が設置されることになっています。

新学部は2年次にコース所属を決めることになっており、1年次の教育課程が大きく変化すると思われます。

理系も経営系も人文系も一緒にした学部ではたして学生が来るのか、教育課程がうまくゆくのか、受験界での評価が一挙に下がるのではないか、など、新学部発足については教員のあいだで多くの心配があげられていますが、ともかく月1日の移行は決定されており、さまざまな混乱が予想されるなかでの出発となります。

市大改革には財政緊縮という要因もはたらいており、大学への予算(運営交付金として独立行政法人である横浜市大に交付されます)が減らされる可能性は強く、少人数教育を謳ってきた現在の学部のすがたは相当変化するものと予測されます。昨年から、商学部、国際文化学部では転出者が相次ぎ、教員数は減っていますが、今後補充されるかどうかはいまのところわかっていません。現在の人数が維持されることはまずないと思われるので、学生にとっての環境はだんだんと変わらざるをえなくなるでしょう。

市大や人間社会課程のよき伝統を守りたいという気持ちをもっておりますが、越智先生在職時代の様子を知る教員は数名しか残っておりません。学生が自由闊達に過ごせる大学のよさが失われるのは何としても残念なことです。現在の学生の気風には、越智先生をはじめ先輩の先生方、卒業生の方々が在職・在学時代に培って来られた文化がやはり引き継がれているように感じております。改革による激変のなかでも、学生教育の現場で、そうした文化を少しでも生かし、残してゆけるよう努力しなければと自らに言い聞かせる日々です。

皆様にはご心配のおかけどおしですが、市大の今後を暖かく、しかしきびしく見守っていただけますようお願い申し上げます。

横浜市立大学教授 中西新太郎


HOME